うなぎ屋かわすい 川口水産










---

---
4/27は春の土用丑
丼からはみでる
1本200gの超特大うなぎ
2本〜5本セット
最大1500円OFF
【4月27日 9:59まで】
ご注文はこちら









---

---
母の日限定BOX
可愛らしいお花柄の
母の日専用の化粧箱
他の商品と合わせて
ご注文ください!
税込300円
ご注文はこちら

商品検索
キーワード


お試しセット

品質完全補償プログラム

当店は主に西日本の各産地からその時々で品質の良いうなぎを
厳選して仕入れを行い職人による試食検査をクリアした
うなぎのみ調理・加工を行っております。
川魚特有のドロ臭さはもちろん、うなぎ特有の小骨なども
できる限り残らないように細心の注意を払っておりますが
個体差により違和感を感じるものも中にはございます。
このようなドロ臭さ、小骨の多さなどでどうしても
お召し上がりいただけないものがあった場合は
お気軽にお申し出くださいませ。
お手元の商品のお引き取りと合わせて
直ちに交換させていただきます。

今後の品質改善の為、商品をお引取りさせていただきますが
商品がお手元に無い場合は本プログラムの
対象外となりますことをご了承ください。






★平日14時までのご注文!

メルマガ案内



ネットショッピング
主な受賞歴


<楽天市場店>





<ヤフー店>




<ポンパレモール店>




FAX注文書
お問い合わせ
カタログ請求
お電話対応時間
平日10:00〜17:00

イベント案内


イベント案内


イベント案内


イベント案内




いつもご利用ありがとうございます。 ゲストさん カートを見る

商品カテゴリ一覧 > コンテンツ > うなぎの頭の調理方法

半助の魅力に迫る
「うなぎの頭を使った調理方法」




うなぎの長焼きを見た時、お頭付きとそうでないのとあります。
関西はお頭付きの有頭うなぎが多い一方、
関東では頭が切り落とされた無頭うなぎが多く見られます。

このうなぎの頭のことを「半助(はんすけ)」と言って
お鍋のダシ取りや酒のおつまみとして、
昔から慣れ親しまれているのです。


なぜ関西はお頭付き?

ではどうして関西にだけお頭が付いているのでしょうか?
理由の一つとしてうなぎのさばき方の違いあります。

関東ではうなぎの頭を切り落としてから、
背開きでうなぎを焼くのに対し、
関西は腹開きで頭がついた状態で蒲焼きまで仕上げます。

半助をつかった郷土料理が関西を中心に広まったのは、
このためであると言われています。


身だけじゃない?うなぎの魅力

うなぎは丸ごと食べられる食材と言われています。
身は「蒲焼き」「白焼き」、肝は「肝吸い」「肝焼き」、
そして骨は香ばしくカリッと揚げた「骨せんべい」。

そして、頭は今からご紹介する 「半助豆腐」「かぶと焼き」など。

うなぎと言えば蒲焼き、だけではないんです。


「半助」って美味しいの?

この半助は甘みがあり香ばしく、
お鍋のダシ取りとして「賄い」や
家庭料理として食されてきました。

まろやかな出汁が出るため、
お鍋のダシ取りとして最適。
脂のノリもよくとても美味しいんです。

半助豆腐、、半助鍋焼きうどん、
うなぎ風味の雑炊などに利用される半助。

居酒屋ではかぶと焼きと言って、
うなぎの頭を串焼きにしてお酒のつまみとして出されます。

かじるように食べると香ばしく、
その旨味がしみ出ているのがわかります。

またうなぎのたれを作る際、
ダシとしても利用するとより本格的なたれが出来ます。


最近あまり見なくなった?

家庭料理として親しまれてきた半助。
最近では売っているところも少ないため、
食べ方を知らない方が増えています。

とても美味しい素材なので、もったいないです。
そこで半助の魅力に迫りたいと思います。


半助の魅力に迫る

それでは半助の魅力をまとめてみましょう。

    ○切り落としたお頭を無駄なく使える
    ○驚くほど安い
    ○蒲焼き以外でも関西の郷土料理を楽しめる
    ○本格的なうなぎのたれが自宅で作れる

使い方を知ると、
せっかくの食材を捨てるという
無駄がなくなります。

そして、骨が硬く、身の量も少ない半助は
価格が驚く程安いです。
当店では100gで100円もいかないですし、
たっぷり1キロでもワンコインでおつりが来ます。


蒲焼きを食べて、別の日に半助豆腐など 半助を使った関西の美味しい郷土料理が楽しめます。

串刺しでたれをつけて焼くだけで、 ビールや日本酒のおつまみとしても 楽しんでいただけます。


更に家でたっぷり自家製うなぎのたれを作りたいときは、
半助があるとより本格的なたれが作れます。

こうして、余ったうなぎの頭や、
購入した半助は蒲焼き以外のお楽しみとして
さまざまな活用方法があります。

それでは半助の活用法を見ていきましょう。


半助の使い方

それでは半助を使ったレシピをご紹介します!

 その1 半助豆腐



半助の定番料理!関西郷土料理をぜひ!

半助といえばコレ!
半助から出たうなぎの旨味が具材に染みこみ、
なんとも言えない味わいに


 素材(2〜3人前)

 ・お豆腐 1丁
 ・半助100g
 ・ネギ1本
 ・水菜1束
 ・しいたけ100g
 ・ごぼう1本
 ・水500ml
 ・醤油 大さじ2
 ・酒 大さじ1
 ・ミリン 大さじ2
 ・砂糖 大さじ1


 作り方

 @お豆腐、水菜、ネギ、しいたけ、ごぼうなどの具材を
  食べやすい大きさに切る。
 Aお鍋に水を入れ、半助を入れて火をつける。
 B砂糖、醤油、酒、ミリンを入れて煮立たせる。
 C具材を入れてふたをし、一煮立ちしたら味を見る。
 D必要に応じて味を調え、一煮立ちしたら完成。



 その2 かぶと焼き



お酒のつまみにどうぞ!
うなぎの頭を半分に割った珍味。
少しだけ付いた身を、かじるように食べます!


 素材(1〜2人前)

 ・半助
 ・うなぎのたれ
 

 作り方

 @うなぎの頭を串に数個刺していく。
 Aうなぎのたれをつけながら、数分焼いたら完成。



 その3 本格的なうなぎのたれ



自宅でたっぷり本格的なたれを作りたい!
うなぎのたれのレシピに半助を入れるだけで
より本格的な味に仕上がります!


たれのレシピはコチラ
>本格的なうなぎのたれのつくり方<



 その4 その他

半助 鍋焼きうどん
お鍋にダシを入れ、半助も入れて煮込む。
お好みの野菜(ネギ、白菜、しいたけ、など)
と最後にうどんを入れ、一煮立ちしたら完成。

半助から出たうなぎの旨味が具材に染み込み、
とても美味しい味付けになります。


最後に

以上、半助の調理方法をご紹介させて頂きました。
皆さんも、お頭付きのうなぎを見ることがあれば、
ぜひチャレンジしてみてください。

また、当店でもお取り扱いがございますので、
必要な場合はご利用ください。


半助 うなぎの頭
>ご注文はコチラ<



また、期間限定で有頭うなぎも販売している時が
ございますので、当店トップページより「お頭付き」
「有頭」などで検索頂ければと思います。

(※定期的な限定アイテムの為、売り切れ表示のときは在庫はございませんのでご了承ください。)


当店トップページ
>トップページはコチラ<