うなぎ屋かわすい 川口水産





タイムセール第1弾
7月27日9:59まで
メガ盛りセット
最大1000円OFF



大雨の影響による
配送状況について
大雨により下記の地域で
大きな影響が出ております。
-----------------
岡山県 広島県 山口県 兵庫県
「一部配送停止」
-----------------
四国 九州 中国 北陸
「遅延発生中」
-----------------
その他地域に関しましても
遅延が発生する
可能性がございます。

商品検索
キーワード


お試しセット

お試しセット

品質完全補償プログラム

当店は主に西日本の各産地からその時々で品質の良いうなぎを
厳選して仕入れを行い職人による試食検査をクリアした
うなぎのみ調理・加工を行っております。
川魚特有のドロ臭さはもちろん、うなぎ特有の小骨なども
できる限り残らないように細心の注意を払っておりますが
個体差により違和感を感じるものも中にはございます。
このようなドロ臭さ、小骨の多さなどでどうしても
お召し上がりいただけないものがあった場合は
お気軽にお申し出くださいませ。
お手元の商品のお引き取りと合わせて
直ちに交換させていただきます。

今後の品質改善の為、商品をお引取りさせていただきますが
商品がお手元に無い場合は本プログラムの
対象外となりますことをご了承ください。




メルマガ案内



ネットショッピング
主な受賞歴


<楽天市場店>





<ヤフー店>




<ポンパレモール店>




FAX注文書
お問い合わせ
カタログ請求
お電話対応時間
平日10:00〜17:00

イベント案内


イベント案内


イベント案内


イベント案内




いつもご利用ありがとうございます。 ゲストさん カートを見る

商品カテゴリ一覧 > コンテンツ > 美味しいうなぎの温め方

うなぎ屋かわすいがオススメする
「うなぎの美味しい温め方」

うなぎ屋かわすい川口水産の
うなぎが到着しました!

せっかくのうなぎ。
美味しく食べたいですよね。


うなぎはなんと言っても焼きたてが美味しい。
お家であの焼きたての美味しさ味わえないかなあ〜?
と、お考えの方!
ちょっと一手間おかけ頂くと香ばしい
焼きたての香りただよう本格かば焼きが出来ます。


「そんなのチンッ!でいいんじゃないの?」
確かにレンジでチン!!でもホカホカになります。
しかし、うなぎの中の水分まで余計に飛んでしまい
パサッとした仕上がりになってしまいます。



じゃあ、どうすればいいのでしょうか?

一手間かければほくほくで香ばしい感動の美味しさが蘇って来ます。


実はうなぎの温め方には、関西風と関東風があり、
出来上がりにそれぞれ違いがあります。

単純だけど究極の再加熱方法をそれぞれご紹介!
ということでまずは関西風うなぎから行ってみましょう!


サクッと香ばしい!「関西風」うなぎの温め方


「関西風うなぎの温め方」

関西風の特徴は外はサクッと香ばしく、
中はふんわり柔らかいということ。

それでは関西風うなぎの温め方どうぞ!


↓ 動画はこちら(※音が出ます) ↓





↓ ↓ 写真はこちら ↓ ↓

手順.1
外袋からうなぎを取り出し、真空パックのまま自然解凍または流水解凍します。(解凍をかねて湯煎しても大丈夫です。)


手順.2
タレを袋のままお湯につけて温めておきます。

そうすることで、出来立てのうなぎの温度を下げず、より本格的なうな重をお楽しみいただけます!



手順.3
うなぎを真空パックから取り出します。

網やトースターにのる大きさにカットします。



手順.4
アルミ箔をクシャっとして広げてから、 トースターに敷き、まずは皮を上にして少し温めます。

やりすぎると皮が固くなってしまうので気をつけて下さい。


手順.5
身くずれに注意しながらひっくり返し、身を上にして温めます。皮よりも身を多めにしっかり温めて下さい。

トースターのほか、魚グリルや網焼きでも大丈夫です。およそ3〜4分程度で、うなぎの表面が泡立って来たら火を止めます。
手順.6
その間にご飯をよそって、タレをまんべんなくかけておきます。

タレをしっかり馴染ませると、より美味しいうな重になります。

手順.7
うなぎをのせ、最後に適量のタレをかけます。

これで外はサクっと、中はジューシーな関西風うなぎの完成です。





ふわぁっと柔らかい!「関東風」うなぎの温め方


「関東風うなぎの温め方」

続いて、 関東風うなぎの温め方です。
関東風は脂のノリと香りが非常に良く、
ふんわりとしたとろける食感になります。

関東風うなぎの温め方をご紹介します!


手順.1
外袋からうなぎを取り出します。この時、中の真空パックは切らないようご注意ください。



手順.2
次にお湯を沸騰させます。

手順.3
タレを袋のままお湯につけて温めておきます。



手順.4
お湯が沸騰したら、凍ったままのうなぎを沸騰したお湯に入れ約4分間温めます。

大きなお鍋がなければ、フライパンが便利です。 この時、鍋肌にビニール袋がなるべく当たらないよう注意してください。

手順.5
その間にご飯の用意!
器によそって、タレをまんべんなく絡めます。

ご飯にタレを馴染ませる事により、一層本格的なうな重が完成します。



手順.6
うなぎを真空パックから取り出し、器に合わせて切り分けます。





手順.7
熱々のご飯に盛り付ければ・・・
ふわぁ〜と柔らかい
関東風のうな丼の完成です!




フライパンに酒を入れて酒蒸し状態にすればいいって
聞いたことがあるかもしれません。

確かに柔らかく仕上がりますが酒の匂いが
うなぎに付いてうなぎの酒蒸しになってしまいます。

やわらかな食感と上品な旨みを引き出す関東風は、
この湯煎という方法が一番適していました。

以上、美味しいうなぎの温め方をご紹介しました。
関西風と関東風などで出来上がりに
違いがあり、それぞれお好みで
お楽しみ頂ければと思います!





うなぎ屋かわすい一番人気はコチラ!
>『国産うなぎが3種入ったお得なお試しセット』<